English

染料・化成品事業部 イオン交換樹脂グループ

国内キレート樹脂の第一人者を目指す

住友化学(株)は1971年に米国ダイヤモンド・シャムロック社からイオン交換樹脂製造技術を導入し、同時に輸入販売を開始致しました。その後ダイヤモンド・シャムロック社の本事業が米国ローム・アンド・ハース社(R&H社)に買収され、住友化学(株)はR&H社から供給を受けてきました。その後本事業は、2003年に住友化学(株)から当社に継承されました。2009年にはR&H社がダウ・ケミカルに買収されたことで供給元がダウ・ケミカルに変更され現在に至っております。またその間に独自で開発製造し、広めて来たキレート樹脂も販売量は順調に伸びています。
イオン交換樹脂を含め多くの分野、用途に適した商品を提供しています。

新着情報

  • 一覧
2017/10/03雑誌(JETI)投稿文のご紹介 合成吸着剤を用いた有機物の精製について
2017/08/09デュオジェット(高度洗浄樹脂)について
2017/07/10活性化イオン交換樹脂について

用途別製品一覧

Ⅰ イオン交換樹脂

(1)水処理用途
  1. 軟水用樹脂
  2. 純水用樹脂
  3. 超純水用樹脂
  4. 硝酸性窒素除去用樹脂
  5. トリオベッド用樹脂(より高純度な水が得られる混床用)
  6. 高活性化イオン交換樹脂
(2)プロセス用途
  1. 触媒用イオン交換樹脂
  2. 酵素固定化用イオン交換樹脂
  3. 有機酸精製用イオン交換樹脂
  4. グリセリン精製用イオン交換樹脂
  5. ホルマリン精製用イオン交換樹脂
  6. ケイ酸ソーダ精製用イオン交換樹脂
  7. その他(有機物の吸着など)

Ⅱ キレート樹脂

特殊な金属イオンを選択的に吸着します。

Ⅲ 合成吸着剤

無官能型の吸着樹脂で再び繰り返し使用が可能です。

  • 用途別製品一覧
  • 物性値一覧
  • 使用上の一般注意事項
  • 用語解説
  • 技術情報の利用規程